ページTOPへ
OUD(アウド) 商品情報

商品情報

酪農(メタン発酵消化液処理)

システム

酪農(メタン発酵消化液処理)

酪農(メタン発酵消化液処理)

特長

消化液の処理にお困りでは御座いませんか?


酪農スラリーにてメタン発酵によるバイオマス発電を行うと、消化液が発生します。この消化液は多くの場合、液肥として農地へ散布されます。


しかし、農地にも限りがあり、消化液の受入れには限界があります。また、環境面からも制約が掛かりつつあります。


当社では、窒素成分が多い、酪農スラリーのメタン発酵消化液を排水処理し、河川放流を可能としました。


酪農スラリー消化液は、他の消化液と比較すると、原水由来の窒素成分が大きく残留しており、排水処理が非常に困難な水質となります。この度、長年の当社でのノウハウの積み重ねにより、ご提案可能となりました。


バイオマス発電を検討中だが、消化液の処理にお困りのお客様は、当社システムもご検討下さい。

水質データ

原水処理水
pH 6.9 8.5
BOD 22,080 36
SS 35,900 20
T-N 2,319 57.3

各種排水処理の実績


畜産排水



工場排水


サイトマップ