TOGAMIの人

現場を知る先輩たちに聞く

宮﨑 亮輔

製造本部生産・改善統括部
生産技術グループ

入社年 2018年入社
出身 広島大学大学院 工学研究科
機械システム工学専攻
モットー 感動できる創造を

現在はどのような業務を担当していますか。また、仕事でのやりがいを教えて下さい。

私は生産技術グループで主に製品を生産するための設備・治工具の設計と開発を行っています。
オリジナルの製品を生み出すために多種多様な生産設備を自分の持てる全ての力をぶつけて設計し、それが目の前で実現化し、現場で使っていただけるのはすごく楽しく、達成感があります。
また、自分達が作り上げた生産設備が製品を生み、社会の役に立つことはすごく誇りに思います。

宮﨑 亮輔

職場環境についてあなたが感じていることを教えて下さい。

当社では部品から組み立てまで一貫生産を行っており、真の「ものづくり」を間近で体感できる珍しい会社です。
そのような会社のため、生産に必要な社内生産設備は多種多様で、案件ごとに全く違う設計をする必要があります。幅広い知識は勿論ですが、最先端の技術にもアンテナを張り、自分の設計に取り込む姿勢が大切になります。
そのため、常に成長し、新しいことにチャレンジしていくことができる環境です。案件を乗り越えては成長を繰り返し、できることが増えていくのを実感できる職場です。

今後の目標を教えて下さい。

社会で流通する製品のレベルが高度化しており、メーカーが持つ製品開発力だけでなく高品質化・高効率化・低コスト化といった「生産技術力」が市場で勝つための重要な要素です。私はその生産技術の中枢を担う人材になれる様に、日々経験を積み、技術を高め、信頼できる生産設備を提供できるエンジニアになりたいです。

学生の皆さんへのメッセージ

社会情勢が激しく変化しているため、10年後はどんな会社になっているかは誰にもわかりません。そのため就職活動では、「この会社では何を学べるか」を意識することで、より良い将来につながると思います。

上司からのひと言

彼は愚直で真面目な性格で仕事にもサボることなく真っ直ぐ向き合うタイプです。
時折こだわりすぎた設計をし、色々と考えすぎることもありますが、無駄な設計を経験するからこそ、無駄を省いたシンプルな設計ができるようになるので頑張ってもらいたいです。
また、生産技術は現場と技術をつなぐことが仕事ですので、持ち前のコミュニケーション能力を武器に他部門と連携をとりながら良いものを作っていってほしいです。

製造本部生産・改善統括部生産技術グループ

マネージャー 阿部 真一

マネージャー 阿部 真一

CROSS
TALK

入社年次が違う社員4人に、
戸上電機製作所がどんな会社かについて語ってもらいました。

ページトップへ