社員対談

Togamiってどんな会社?

入社年次が違う社員4人に、戸上電機製作所がどんな会社かについて語ってもらいました。

社員対談

戸上電機製作所を志望した理由は?

田中

田中

私はもともと大学の専攻が電気系だったこともあって、電気系の企業へ就職を希望していました。
その中で地元が佐賀だったこともあり、戸上電機製作所への入社を決めました。
育児休暇などの福利厚生制度が充実していたことも入社の後押しになったと思います。

平川

平川

私も地元は佐賀ですが、関東の大学に進学したこともあって、就職活動は関東と佐賀で行っていました。
営業職を希望し就職活動を進めていく中、佐賀から日本全国・世界を相手に営業ができる戸上電機製作所に魅力を感じ、志望しました。電気系専攻ではなかったので入社前は不安でしたが、先輩や上司、他部署の方々に親切に仕事を教えてもらえたことで、戸上電機製作所の営業マンとして仕事ができるようになりました。

市丸

市丸

私は福岡と佐賀で就職活動を行っているときに戸上電機製作所と出会いました。
はじめはどのような製品を作っているのか知らなかったのですが、停電時に活躍する波及事故防止機器など、縁の下の力持ちとして社会に貢献できるところがいいなと思い、志望しました。また、育児休暇なども取得しやすく、会社の雰囲気がすごく良いことも決め手でした。

黒木

黒木

私の場合は大学時代に戸上電機製作所と共同研究をしていたことが決め手でした。
もともと熊本出身で地元九州での就職を希望していたこと、共同研究で学んだことを活かせることもあって、戸上電機製作所に入社を決めました。

職場の雰囲気は?

黒木

黒木

佐賀弁が飛び交うアットホームな職場です。(笑)

平川

平川

私は名古屋のオフィスに勤務していたこともありますが、そこでも佐賀弁が飛び交っていましたね。(笑)

田中

田中

入社直後から皆さんに気軽に話しかけてもらえたおかげですぐに馴染むことができましたし、すごく可愛がってもらえたことを覚えています。

市丸

市丸

良い意味で皆さん仲が良く、ひとりひとりの温かさを感じるアットホームな雰囲気があると思いますね。

黒木

黒木

そうですね。仲が良く雰囲気が良いと仕事でわからないことも質問をしやすいですし。
でも、慣れ合いにはならず職場の人間関係にもメリハリはあります。
また、若手社員にも責任のある仕事を任せてもらえますので非常に良い環境だと思います。

DATA 01:定着率はどれくらい?
過去10年間の大卒新入社員の勤続3年後定着率

女性からみた戸上電機製作所は?

田中

田中

私は育児休暇を実際に取得しましたが、職場復帰時も温かく迎え入れてもらえ、女性に優しい会社だと感じました。

市丸

市丸

私は産前・産後休暇は取得したことはありませんが、同じ部署で子育てされている方で、お子さんの具合が急に悪くなり帰らないといけないときも言いづらそうな感じもなく、すんなりとみんなが受け入れる雰囲気があります。

田中

田中

休みへの理解はすごくありますね!
それと女性にも責任のある仕事を任せてもらえる公平な会社だと思います。

DATA 02:子育てしながら働ける?
女性社員の産前産後休暇取得率・女性社員の育児休暇取得率

後輩ができてから変わったことは?

社員対談
黒木

黒木

教える難しさを知りました。答えを全て教えてしまっては後輩の成長に繋がりにくいので教え方を非常に考えます。また、わかりやすく伝えることも案外難しいですね。

平川

平川

最近初めて後輩ができたのですが、個別に教えることもあれば部署の皆さんで教えることもあります。
ただ、部署の皆さんで教える場合は内容にばらつきがないように気をつけています。また、教えるためには自分もきちんと理解しておく必要があるので、知識を深める良い機会になっています。

田中

田中

私も最近初めて女性の後輩ができて、教え方をすごく考えるようになりました。どのように教えたらわかりやすいかを日々考えています。
後輩ができると職場の雰囲気もより明るくなり、自分も活力が湧きますね!

今後の目標は?

田中

田中

私は生産技術として工場内設備の自動化を推進していきたいです。設備の自動化を推進し、少しでも全体の作業削減に取り組んでいけるようがんばりたいです!

黒木

黒木

私は高圧開発グループに所属していますが、同時に社内プロジェクトのメンバーも委嘱されています。プロジェクトのメイン担当として任されているテーマをまずは成功させたいです!また、今までにない視点から開発に取り組める技術者になりたいと思っています。

平川

平川

私はマーケティングの部署へ異動になったので、マーケティングの知識を学び、新しい商品を提案し、ひとつでも多く製品化していきたいです。

市丸

市丸

私は法務関連の知識をより習得し、会社のトラブルの予防・対処に加え、更に視野を広げ、自分から社内の課題を見つけ出し解決できるようになりたいです。
また、気軽に質問や相談してもらえる社内の頼れる存在になっていきたいです。

社員対談
ページトップへ