ページTOPへ
商品情報 PVドクター PVドクター
商品情報

商品情報

ケーブル探査器 Superケーブルチェッカ

SWC-B

配線路探査器

ケーブル探査器 Superケーブルチェッカ

用途

発電所・プラント設備・鉄道・そのほか重要設備の更新時のケーブル探査に最適

機能

特長

定格および仕様

                                                            

適用電圧範囲 AC50/60Hz・DCともに12~528V
方式 電流消費型
信号周波数 5kHz
信号電流 200mAp
信号時間 30ms
信号周期 500ms
動作表示 LED(黄)
電圧表示 LED(赤)(100V・200V・400V)
形状 112(H)×82(W)×30(D)mm
質量 約111g



                                                                                    

検出方式 信号電流によって発生する磁界を検出
検出周波数 5kHz
内蔵センサ コイルセンサ
外部センサ クランプセンサ(プラグ接続式)、ロッドセンサ(プラグ接続式)
判定方法 10個の判定用LED(赤)点滅(受信レベル表示)およびブザー音
感度切替 【ブレーカ探査】電線(接触)のLO(低)/HI(高)感度切替え、クランプはLO(低)感度のみ
【ケーブル探査】電線(遠)および電線(接触)のLO(低)/HI(高)感度切替え、クランプはLO(低)感度のみ
電源 9V乾電池×1個(マンガンまたはアルカリ乾電池)
電池寿命 約8時間(マンガン乾電池20℃連続受信)
電池寿命表示 BAT-LED(青)(点灯=良/点滅=交換時期/消灯=使用不可)
オートパワーオフ 無操作になってから10分後に自動オフ
オートパワーオフ警告音 1.5秒(ON)→5秒(OFF)→1.5秒(ON)→5秒(OFF)→3秒(ON) 最後の3秒のブザー音終了後、電源OFF
適用外部センサ クランプセンサ(S)(内径Φ8)(オプション)
クランプセンサ(M)(内径Φ24)(オプション)
クランプセンサ(L)(内径Φ40)(標準付属)
クランプセンサ(LL)(内径Φ68)(オプション)
ロッドセンサ(全長24~122cm可変)(オプション)
形状 193(H)×51(W)×33(D)mm
質量 約135g(乾電池含む)



                              

適用電圧範囲 AC100V 50/60Hz
出力電流 電線ループ探査時:200mAp±10%
大地ループ探査時:接地抵抗合計200Ωで200mAp±10%
出力コード クリップ付 長さ:3m
形状 83(H)×130(W)×170(D)mm
質量 約1kg



                                          

適用電圧範囲 AC0~528V 50/60Hz・DC0~528V
適用電流 AC300A 50/60Hz・DC300A
クランプ部内径 φ40
適用クランプ箇所 低圧絶縁電線の絶縁被覆部分(裸導体へのクランプは禁止)
信号ケーブル長 約90cm
形状 128(L)×81(W)×36(D)
質量 約187g

探査方法

1.ブレーカー探査

 ①送信器を改修や点検をしようとする端子部に接続します。
 ②受信器をブレーカに接続されている配線に順次当ててブレーカを探査します。


2.撤去ケーブル探査方法

【大地ループを使用したケーブル探査方法(死線状態)】


使用方法 図1

≪探査方法≫

電源ユニットのループ選択スイッチを「大地ループ」に設定し、POWERスイッチをONにし、送信器の動作表示
 LED及び回路電圧表示LED100Vが点滅していることを確認して下さい。
 ※ランプが点滅しない場合はクリップの接続間違い、クリップ部の接触不良、接地抵抗200Ω以上、装置の故障
  が考えられます。
 ①受信器のモードを「ケーブル:電線(遠)」に設定し、該当ケーブルがあると思われる所を広範囲に探査して
  下さい。(A)
 ②受信器のモードを「ケーブル:電線(接触)」に設定し、該当ケーブルを絞り込んで下さい。(B)
   ・1本ずつケーブルに受信器を当て、ケーブルを絞り込んで下さい。
   ・ケーブル1本につき、3秒以上受信器を当てて下さい。
   ・信号未受信(探査中)の場合は、LEDが1個移動しながら点灯します。
   ・LEDが10個点滅したケーブルが該当のケーブルです。
 ③絞り込んだケーブルにクランプセンサを3秒以上クランプし、ケーブルを確定して下さい。(C)
  このとき受信器のモードは「ケーブル:クランプ」に設定してください。


使用方法 図1


ご注意

   ・100Ω以下の接地端子に接続して下さい。
   ・「ケーブル:電線(遠)」は受信感度に応じてLED点滅数が変わるため、一番反応した箇所が該当ケーブル
    束になります。
   ・「ケーブル:電線(接触)」はオート感度になっているため、一度ケーブルを確定した後は、モード切替
    SWを押すか、感度切替SWを押して、オート感度を解除して下さい。
   ・「ケーブル:電線(接触)」および「ケーブル:クランプ」は該当ケーブルの場合、LEDが10個点滅しま
    す。


【電線ループを使用したケーブル探査方法(死線状態)】


使用方法 図1

≪探査方法≫

 電源ユニットのループ選択スイッチを「電線ループ」に設定し、POWERスイッチをONにし、送信器の動作表
 示LEDが点滅していることを確認して下さい。
 ※回路電圧表示LEDは点滅しません。
 ※ランプが点滅しない場合はクリップの接続間違い、クリップ部の接触不良、装置の故障が考えられます。
 ①受信器のモードを「ケーブル:電線(遠)」に設定し、該当電線があると思われる所を広範囲に探査して
   下さい。(A)
 ②受信器のモードを「ケーブル:電線(接触)」に設定し、該当電線を絞り込んで下さい。(B)
   ・1本ずつケーブルに受信器を当て、電線を絞り込んで下さい。
   ・電線1本につき、3秒以上受信器を当てて下さい。
   ・信号未受信(探査中)の場合は、LEDが1個移動しながら点灯します。
   ・LEDが10個点滅したケーブルが該当の電線です。
 ③絞り込んだ電線にクランプセンサを3秒以上クランプし、電線を確定して下さい。(C)
  このとき受信器のモードは「ケーブル:クランプ」に設定してください。


使用方法 図1


ご注意

   ・「ケーブル:電線(遠)」は受信感度に応じてLED点滅数が変わるため、一番反応した箇所が該当電線束に
    なります。
   ・「ケーブル:電線(接触)」はオート感度になっているため、一度電線を確定した後は、モード切替SWを
    押すか、感度切替SWを押して、オート感度を解除して下さい。
   ・「ケーブル:電線(接触)」および「ケーブル:クランプ」は該当電線の場合、LEDが10個点滅
    します。

関連商品

サイトマップ