ページTOPへ
OUD(アウド) 商品情報

商品情報

無停電漏電探査器 リークキャッチャー

SLE-A

無停電漏電探査器

無停電漏電探査器 リークキャッチャー

用途

低圧配線路の漏電箇所探査に最適。

特長

定格および仕様

信号周波数 4222Hz
信号注入時間 連続
信号注入レベル 10,20,30,50,75,100%(1.2Vp-p)の6段階切替
注入トランス内径 φ60
電源 小形シール鉛蓄電池(12V)



検出方式 信号電流による磁束検出(非接触)
出力 10個の判定用LED(赤)点滅(受信レベル表示)とブザー継続音(約3回/秒)
検出感度 10段階切替
電源 9V電池×1



探査可能漏電電流 100V 30mA以上の漏電(地絡抵抗3kΩ以下)
適用回路電圧範囲 AC600V以下の低圧配線路
使用温度範囲 -10~40℃
使用湿度範囲 相対湿度95%以下
保存温度範囲 -20~50℃

使用例


使用方法 図1

①送信器の注入トランスをB種接地線にクランプする。

 漏電系統があらかじめわかっている場合は⑥から開始する。

②キュービクル内の分岐ブレーカまたは接続線を受信器で探査し、漏電系統を特定する。

③必要に応じて注入トランスのクランプ位置を変更する。

④②項で特定した分岐ブレーカに対する分電盤を特定する。

⑤分電盤内の分岐ブレーカまたは接続線を受診器で探査し漏電系統を特定する。

⑥漏電系統があらかじめわかっている場合は漏電系統の任意の位置(例えば⑥の位置)に

 注入トランスを一括クランプする。

⑦漏電発生系統の配線および機器を受信器で探査する。

⑧アース線がある場合はアース線に受信器をあてて反応を確認する。

 漏電点の推定ができたら死線状態にして絶縁抵抗を確認する。

 *探査は受信器の規則正しい点滅を確認して行います。

 *受信器が反応した場合、漏電箇所はその位置よりも負荷側にあります。(アース線を除く)

 *機器から発生するノイズ、配線の対地静電容量、ノイズフィルターなどの影響により

  判定が困難な場合があります。この場合、漏電箇所の特定はIo測定による方法などと組合せて

  統合的に判断して下さい。

 *注入トランスを配線路にクランプするときは1相ではなく全相一括にクランプして下さい。

標準価格

            

形式標準価格(税別)
SLE-A 165,000

オプション品

                  

品名標準価格(税別)
シールドカバー 15,000
探査棒 12,000

関連商品

サイトマップ