ページTOPへ
商品情報 PVドクター PVドクター
商品情報

商品情報

電源側負荷側双方向配線路探査器 ロードチェッカ

LC-B

電源側負荷側双方向配線路探査器

電源側負荷側双方向配線路探査器 ロードチェッカ

用途

新設・改修工事前およびメンテナンスや不具合時の配線チェックに最適です。

特長

定格および仕様

使用電圧範囲 AC100~240V±10% 50/60Hz
信号周波数 4.2kHz
信号電流電源側からの負荷探査時 7mAP-P(約1.6秒通電、約1.6秒停止)
負荷側からの電源探査時 70mAP-P(約1.6秒通電、約1.6秒停止)
接続可能導体径 φ32以下(IV線 325?迄)
電源 100VACアダプタ(標準装備)または単3アルカリ電池×8本
ACアダプタ定格 AC100V/DC12V
電源表示灯 電池チェック用LED(緑色)点灯
電池使用時電池寿命 約5時間
電池寿命表示 寿命予告:電池チェック用LED(緑色)点滅
寿命表示;電池チェック用LED消灯
外形寸法(mm)送信器 199(H)×117(W)×92.5(D)
クランプCT 154×54×21(接続リード線除く)
ACアダプタ 84×52×60(電源コード除く)
質量送信器 約450g
クランプCT 約180g
ACアダプタ 約345g



探査方式 信号電流による磁界検出
モード切換電源側からの負荷探査時 「探査負荷」と「その他」の2段切換
負荷側からの電源探査時 「電線(低)」と「電線(高)」と「ブレーカ」3段切換
出力 10個の判定用LED(赤)点滅(受信レベル表示)とブザー断続音(約3回/秒)
電源 9V電池×1本
電池寿命 約10時間
電池寿命表示 点灯:正常/点滅:交換時期/消灯:使用不可
外形寸法(mm) 192.5(H)×51(W)×33(D)
質量 約137g(電池含む)



使用温度範囲 -10~50℃
使用湿度範囲 相対湿度95%以下
保存温度範囲 -20~60℃



使用電圧範囲 AC100~240V±10% 50/60Hz
消費電力 20VA以下
外形寸法 142(H)×40(W)×25(D)(接続コード除く)
質量 約87g

使用方法

1.活線状態での電源側からの負荷探査(探査用負荷での探査:基本探査方法)

①送信器にクランプCTと100VACアダプタ(電池電源の時は不要)を接続します。
②クランプCTを探査する系統の電線(単相2線式の時は片方の線、単相3線式の時は中性線、
 三相3線式の時はS相)へ装着し、送信器の電源スイッチを「入」にして下さい。
③探査用負荷を探査するコンセントまたは端子部へ接続します。
 (接続する時、探査用負荷は必ず電源スイッチを「切」にして行って下さい。)
④探査用負荷の電源スイッチを「入」にして下さい。
⑤受信器のモード切換スイッチを「負荷側」の「探査負荷」にセットします。
⑥受信器の先端を探査用負荷の指定場所(CHECK POINT)へ当てて下さい。
⑦探査するコンセントまたは端子部へ順次探査用負荷を接続し、③~⑥の手順で探査して下さい。
 (探査用負荷を取外す時は、必ず探査用負荷の電源スイッチを「切」にして行ってください。)

ご注意
三相3線(単相3線)式の場合、S相にクランプCTを装着した時は、R-S,S-T相間が探査できます。
R-T相間を探査する場合は、R相またはT相へクランプCTを装着して下さい。

判定
受信器表面の判定用LEDが6~10ヶ約1.6秒間に5~6回点滅し、次の1.6秒間は休止を規則正しく
繰り返せば、送信器のクランプCTを装着した電源に接続されています。ブザーは、判定用LEDの点滅に
同期して断続音(ピッピッという音)を発します。


使用方法 図1


2.活線状態での電源側からの負荷探査
(電力量計での探査:アパート・マンション等で外部にコンセントがない場合の探査)

①送信器にクランプCTと100VACアダプタ(電池電源の時は不要)を接続します。
②クランプCTを探査する系統の電線(単相2線式の時は片方の線、単相3線式の時は中性線、
 三相3線式の時はS相)へ装着し、送信器の電源スイッチを「入」にして下さい。
③受信器のモード切換スイッチを「負荷側」の「その他」にセットします。
④受信器の先端を電力量計の電圧コイル付近に当てて下さい。
 受信器を当てる角度、位置により検出感度が変わりますので、
 判定用LEDが6~10ヶ点滅するようにして下さい。
⑤探査する電力量計を順次④の手順で探査して下さい。

判定
受信器表面の判定用LEDが6~10ヶ約1.6秒間に5~6回点滅し、次の1.6秒間は休止を規則正しく
繰り返せば、送信器のクランプCTを装着した電源に接続されています。ブザーは、判定用LEDの点滅に
同期して断続音(ピッピッという音)を発します。


使用方法 図2


3.活線状態での負荷側からの電源探査(コンセント、端子等の電源ブレーカの探査)

①送信器にクランプCTと100VACアダプタ(電池電源の時は不要)を接続します。
②探査用負荷を探査するコンセントまたは端子部へ接続します。
 (接続する時、探査用負荷は必ず電源スイッチを「切」にして行って下さい。)
③探査用負荷の電源スイッチを「入」にして下さい。
④送信器のクランプCTを探査用負荷の貫通穴へ装着します。
⑤送信器の電源スイッチを「入」にして下さい。
<ブレーカでの探査>
⑥受信器のモード切換スイッチを「電源側」の「ブレーカ」にセットします。
⑦受信器の先端をブレーカ表面に順次当てて下さい。
 ※1Pブレーカの探査は「ブレーカ」モードではできません。
  モードを「電線(低)」または「電線(高)」とし、1Pブレーカへの接続電線で探査して下さい。
<電線での探査>
⑧受信器のモード切換スイッチを「電源側」の「電線(低)」にセットします。
⑨受信器の先端を電線またはブレーカ端子部電線に順次当てて下さい。
 ※「電線(低)」モードで判定用LEDが5ヶ以下しか点滅しない時は「電線(高)」モードへの
   変更および感度切換スイッチにて感度を合わせて下さい。
判定
受信器表面の判定用LEDが6~10ヶ約1.6秒間に5~6回点滅し、次の1.6秒間は休止を規則正しく
繰り返せば、送信器のクランプCTを装着した電源に接続されています。ブザーは、判定用LEDの点滅に
同期して断続音(ピッピッという音)を発します。


使用方法 図3


4.死線状態での電源側からの負荷探査(探査用負荷での探査)

①送信器にクランプCTと100VACアダプタ(電池電源の時は不要)を接続します。
②探査する系統のブレーカが切れていることを確認し、ブレーカ負荷端子相間を短絡線で短絡して下さい。
③クランプCTを短絡線へ装着し、送信器の電源スイッチを「入」にして下さい。
④探査用負荷を探査するコンセントまたは端子部へ接続します。
 (接続する時、探査用負荷は必ず電源スイッチを「切」にして行って下さい。)
⑤探査用負荷の電源スイッチを「入」にして下さい。
⑥受信器のモード切換スイッチを「負荷側」の「探査負荷」にセットします。
⑦受信器の先端を探査用負荷の指定場所(CHECK POINT)へ当てて下さい。
⑧探査するコンセントまたは端子部へ順次探査用負荷を接続し、④~⑦の手順で探査して下さい。
 (探査用負荷を取外す時は、必ず探査用負荷の電源スイッチを「切」にして行って下さい。)
 短絡線で短絡した相に接続された負荷を探査します。

ご注意
三相3線(単相3線)式の場合、R-S相を短絡した時は、R-S相間が探査できます。
S-T相間を探査する場合はS-T相を短絡、R-T相を探査する場合はR-T相を短絡して
クランプCTを短絡線へ装着して下さい。

判定
受信器表面の判定用LEDが6~10ヶ約1.6秒間に5~6回点滅し、次の1.6秒間は休止を規則正しく
繰り返せば、送信器のクランプCTを装着した電源に接続されています。ブザーは、判定用LEDの点滅に
同期して断続音(ピッピッという音)を発します。


使用方法 図4


標準価格

            

形式標準価格(税別)(円)
LC-B 98,200

オプション品

            

品名標準価格(税別)(円)
信号漏洩防止ユニット 36,300

関連商品

サイトマップ